「疲れ目」の対処法は、温めるか冷やす、どっち?

パソコンやスマホを長時間利用するなど、目を酷使することが多い現代社会では、「疲れ目」や「眼精疲労」に悩まされている方が多いようです。

「疲れ目」には、眼を冷やす?温める?

パソコン作業の増加やスマホやタブレットなどの普及により、眼精疲労や疲れ目の方が増加しています。もちろん十分な休息を取ることが大切ですが、少しでも早く解消したいですね。

ちなみに体を痛めた時は冷やしたりするのが効果的ですが、目は温めたほうがいいとも言われます。疲れ目にはどちらがいいのでしょうか?実はその対処法、疲れ目の症状により違うみたいです。

ドライアイなどのショボショボ目の場合は「温める」!

エアコンの効いた室内で長時間のパソコン作業、1日コンタクトレンズを装用し続けることにより目は乾きドライアイとなってしまいます。こうしたドライアイなどのショボショボした目には「温める」解消方法が効果的です。

目や目の周辺を温めることで血流が良くなり、筋肉がほぐされるほか、新陳代謝の改善も見込まれます。疲れ目やドライアイだけではなく、眼精疲労が原因の頭痛や肩こりにも効果的です。

充血目の場合には「冷やす」のが効果的!

寝不足や結膜炎によって引き起こされる目の充血。目の中の血管が膨張することによって生じます。炎症や充血をおこしている目を温めるのは逆効果です。こうした場合は「冷やす」方が効果的です。

目や目の周辺を冷やすことで、血管や筋肉は収縮して元に戻る活動を行います。収縮と元に戻る活動で目を本来の調子に戻すことができます。ただ、視神経症のある方は逆効果の場合もあるので注意しましょう。

疲労回復に効果的です

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。 さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク アップイー

アミノ酸 お得な定期コース アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 10%引き7,560円(税抜) 定期購入 お得な定期コース スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 10%引き6,480円(税抜) 定期購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 単品購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×20袋入り) 通常販売価格 3,200円(税抜) 単品購入 通常購入 スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 単品購入
Translate »