「脂肪が筋肉になる!」は勘違い?筋肉と脂肪の違い。

「脂肪が筋肉になる!」は勘違いのようです。別の物質の脂肪が筋肉になることはないようです。太らずに筋肉をつけることが出来る理由と、脂肪と筋肉の違いを知りましょう。

「脂肪が筋肉になる!」は勘違い?!

脂肪は主に脂質によって構成されているのに対し、筋肉はタンパク質や炭水化物などの栄養素と適度な運動により構成されています。つまり、脂肪と筋肉では根本的に成長させるのに必要な素材が違います。筋トレなどにより筋肉量が増えると、基礎代謝も上がるので脂肪も消費されやすくなり、単純に筋肉が脂肪を消費してくれていただけで、これこそ「脂肪が筋肉になる!」と勘違いしてきた原因と言われています。

筋肉を維持しつつ脂肪を減らすには、、、

筋肉を増やしたとしても、脂肪を大量に消費した訳ではないので、筋肉を増やす前に「脂肪を減らす」ことが大事です。しかし、無理な食事制限だと脂肪だけでなく筋肉まで落ちる可能性があります。過度な食事制限により不足したエネルギーを筋肉を分解することで補おうとするためです。

筋肉を維持したいなら、脂肪はゆっくりと落とすのがポイントです。また筋肉がエネルギーとして消費される大きな原因は「空腹」によるものだと確認されています。過度な食事制限で空腹状態にするよりも、常に何かしら腸に摂取させておいた方が筋トレにもダイエットにも良い訳です。ちなみに、緑黄色野菜やナッツ類などは低カロリーかつ満腹感が持続するのでおすすめです。

太るほど食べないと筋肉はつかない!

痩せている方が筋肉がつかないと言われているのは、単純にカロリー不足と言えます。かと言って一旦太る必要はなく、今よりもカロリーを多く摂るように意識しながら筋トレをすると筋肉はつきます。痩せていて筋肉がつきずらいなと思っている方は、今よりもたくさん食べることを意識しましょう。

筋肉はカロリーオーバーにすることで増やすことができます。常に筋肉は分解と合成が行われていますが、カロリーが足りないと筋肉は分解が頻繁になってしまいます。このため、筋肉をつけるなら太るのを恐れずにたくさん食べる必要があります。たくさん食べならが筋トレをすると、筋肉がつきやすくなるんです。これが一旦太ってから筋トレをした方が良いという、間違った解釈になってしまったようです。

ハードなトレーニングやスポーツをする方にオススメ

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。
さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク アップイー

アミノ酸 お得な定期コース アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 10%引き7,560円(税抜) 定期購入 お得な定期コース スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 10%引き6,480円(税抜) 定期購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 単品購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×20袋入り) 通常販売価格 3,200円(税抜) 単品購入 通常購入 スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 単品購入
Translate »