あなたはしっかり睡眠できてる?睡眠前にやってはいけない事・やっていい事

  • 睡眠前にやってはいけない事

    【熱いお風呂に入る】
    熱いお湯は交感神経の働きを促すため、体が興奮、緊張の状態になり、寝つきが悪くなります。
    熱いお湯が好みなら寝る前ではなく、3~4時間前に入浴を済ませましょう。
    【ご飯を食べる】
    満腹の状態で寝ると、消化で胃腸が活発に動くと、寝つきが悪くなります。また朝起きた時の胃もたれ感も出てしまいます。夕飯は就寝の3時間前までに摂るのが理想です。どうしても食事を摂るのがおそくなってしまう場合は、あっさりしたものにして、量もほどほどに食べるようにしましょう。
    【お酒を飲む】
    寝付けないときは、一杯ひっかけて気持ち良く酔って布団に入ると眠りにつけると言う人もいるかもしれませんが、実はその反面、眠りを浅くする効果もあります。
    アルコールが体内にたくさん残った状態で寝ると、脳は寝ていても、体全体でアルコールを分解するため、体は全く休まらないのです。
    アルコールもできれば就寝2時間前までにしておきましょう。
    【スマホをいじる】
    今、現代人が一番睡眠の妨げともなっていく行為がこの就寝前の携帯いじりかもしれませんね。スマホや携帯の液晶画面から出る強い光が「メラトニン」の分泌をストップさせ、不眠症になるケースもあります。
    画面からのブルーライトが影響するだけでなく、画面上の情報や仕事メールも、脳をリラックスモードから「覚醒モード」にしてしまうため、寝つきを悪くなります。

    睡眠前にやったほうが良い事

    【ぬるめのお風呂に入る】
    熱い風呂がNGとは逆に、ぬるめのお風呂にゆっくり入ると、副交感神経が働きリラックスした気分に。体の筋肉の緊張もほぐれ、上がった後は徐々に深部体温が下がるため、ゆっくり眠れるようになります。
    【ストレッチをする】
    仕事や勉強などで脳に血が上っていたり、疲れで体の筋肉が凝っていたりするとよく眠れません。お風呂上がりにストレッチをして筋肉を伸ばすと全身の血液の循環がスムーズになり、脳の興奮も落ち着いてきます。ストレッチが難しい場合はゆっくりと腹式呼吸をするのも効果的です。

    クエン酸ドリンク

    さっぱりレモン味『燃やしま専科』

    睡眠前にしてはいけない事は多いんですね。健康への道は睡眠からということでしょうか。では、起きてからは、、、起きている時は、となりと、やはりEQ編集部がおすすめの燃やしま専科ですね。

    wpid-moya_250.jpg

    燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

    マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
    またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
    カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

    運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
    冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

    作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
    また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

    毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

    ~今回ご紹介した商品~
    体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
    「燃やしま専科」

    お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
    (定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
    また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

    ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

    お得な定期コース
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    10%引き4,482円(税抜)
    定期購入

    通常購入
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    単品購入

    Translate »