たまごは1日1個!?

  • 私たちの食生活には、もはやなくてはならない存在の卵。栄養価が非常に高く、様々な調理法でアレンジもきくため、ついついたくさん食べてしまいそうになります。
    そんな卵ですが、1日にどの位の量を食べてよいのか、みなさんはご存知でしょうか?
    たまごについてご紹介します。

    1日1個説とは

    長い間、コレステロールが多いから卵は1日1個まで、などという指導がなされていました。
    昔からの言い伝えなどから「卵は1日1個までしか食べてはいけない」と思っている方も少なくありませんが、なぜそのような知識が生まれたのでしょうか?

    100年以上前のロシアで、うさぎに卵を食べさせる実験が行われました。その結果、ウサギの血中コレステロールの量が増加し、動脈硬化の所見が認められたことから「卵に含まれているコレステロールは動脈硬化の原因となる」という結論づけがされたことが始まりだといわれています。
    しかし、もともとウサギは草食動物であるため、動物性の食品である卵を摂取すれば血中のコレステロール値が上がるのはごく当然のこと。
    また、実験を行う前提条件自体が妥当ではなかったため、長年にわたって「卵を食べるとコレステロール値が高くなる」という誤解をされていたみたいです。

    1日何個が適量!?

    結論から言うと、卵の1日の摂取量に個数の制限がありません。
    気にするのは、コレステロールよりカロリーみたいです。
    卵1個=約100kcal。コンビニの梅おにぎり1個が154kcalです。
    栄養のバランスを考えると、いくら好きだからといって食べ過ぎるのも考えものです。しかし、卵は「完全栄養食」と言われているほど良質なアミノ酸、ビタミン、ミネラル類が含まれていますので、健康な方の場合は1日2~3個を目安に食べてもよいでしょう。
    食べ過ぎのカロリーオーバーに気をつけましょう。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。
    卵はカフェインと並んで、その摂取量・効果効能に関して賛否両論の別れる食品です。
    卵で気をつけなければならないことは2つです。(1)まったく摂取しないこと(2)過剰摂取すること。要するに「極端は避けましょう」ということですね。

    27種類の栄養素配合のクエン酸ドリンク

    さっぱりレモン味『燃やしま専科』

    wpid-moya_250.jpg
    卵って完全栄養食って言われるてるんですね。
    そんな卵には負けてるかもしれませんが、この燃やしま専科にも栄養は多く入っているんですよ。
    燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

    マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
    またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
    カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

    運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
    冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

    作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
    また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

    毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

    ~今回ご紹介した商品~
    体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
    「燃やしま専科」

    お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
    (定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
    また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

    ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

    お得な定期コース
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    10%引き4,482円(税抜)
    定期購入

    通常購入
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    単品購入

    Translate »