スポーツクラブ。公営と私営の違いは。

  • まず最初に悩むのはどこのスポーツクラブに通えばいいのか分からないという事です。スポーツクラブは大手企業が運営するジムもあれば、ビルの一室にあるような小さなトレーニングジムやスタジオ、ホットヨガや女性専用、24時間営業等があります。スポーツクラブに通う場合選択肢として職場の近くにするか自宅の近くにするかがあります。職場の近くの場合、帰りにスポーツジムに寄ってトレーニングやリフレッシュできるのが魅力ですね。自宅近くのスポーツクラブの場合は、休日でも通いやすい、直ぐ帰って食事や睡眠が出来るというメリットがあります。自分のライフスタイルに合わせて無理なく通える場所を選ぶといいです。

    私営と公営

    スポーツクラブには企業が運営している施設と体育館やスポーツセンター等の市や区が運営している施設があります。企業が運営しているスポーツクラブは月会費制がほとんどです。施設によって差はありますが1ヶ月あたりの会員費用は10,000円前後でジムへ行っても行かなくても支払います。沢山通う人にとっては割安です。市や区が運営する施設は都度支払いになります。頻繁に通えない方には1回あたり数百円ですので割安になります。アクセス面等もありますが仕事等のライフスタイルを考慮し1週間、1ヶ月でどれだけ通えるかを計算すると良いです。

    施設の違いは

    私営の場合お風呂やサウナが充実してる所が多いです。トレーニング設備の充実、ウェアやサプリメントショップがあったり、スタジオプログラムが充実して目的や内容によって選べます。マシンで筋力トレーニングをしたい人、スタジオでエクササイズをしたい人、プールで水泳をしたい人など、どのようなニーズにも対応できる設備が整っています。ただ公営の施設も大手企業の委託施設も多い為スタジオプログラムやジム内では私営同様の指導が受けれます。まずはライフスタイルと照らし合わせて選んでみてはいかがでしょうか。
    そこでEQ編集部ではこちらの商品をおすすめします。

    頑張る身体にアミノ酸補給 『アップ・イー』

    スポーツクラブ選びも難しいですね。公営・私営の違いもありますし、私営でも色々なスポーツジムがあるので、悩んでしまうポイント多いです。悩みぬいた先に選んだスポーツジムでトレーニングする時には、アップイーを水分補給に選んでくれると感激です!

    アップ・イーは体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UP!
    運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』が433.86mgも配合されているので運動前・運動時に摂取することで、トレーニングでお疲れ気味の方の手助けをします。

    またさらに汗をかきたい方にもおすすめです。

    通常購入、お得な定期購入がございます。
    (定期購入がよりお得なお値段となっております。)
    また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
    日々のトレーニングの際、ぜひお試しください。

    スポーツドリンク アップイー

    アミノ酸

    お得な定期コース
    アップ・イー(500ml用×60袋入り)
    通常販売価格 8,400円(税抜)
    10%引き7,560円(税抜)
    定期購入
    お得な定期コース
    スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
    通常販売価格 7,200円(税抜)
    10%引き6,480円(税抜)
    定期購入
    通常購入
    アップ・イー(500ml用×60袋入り)
    通常販売価格 8,400円(税抜)
    単品購入
    通常購入
    アップ・イー(500ml用×20袋入り)
    通常販売価格 3,200円(税抜)
    単品購入
    通常購入
    スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
    通常販売価格 7,200円(税抜)
    単品購入

    Translate »