人工甘味料の種類を知ろう。

  • お菓子や清涼飲料水によく使われる甘味料。
    甘味料=害というイメージを持った方もいらっしゃるかと思いますが、ステビアやソルビトールのように天然甘味料もあり、健康に害のない甘味料もあるので、一概に甘味料が悪いとも言えません。
    しかし、食品に存在しない甘味成分を人工的に合成した人工甘味料はあります。
    そして健康被害の危険性のある甘味料を使用した食品も出回っているのも事実です。
    そこで今回は危険かもしれない人工甘味料をご紹介します。

    少し注意したい人工甘味料

    【サッカリン】
    砂糖の200~500倍の甘さで水に溶けにくく、チューインガムにのみ使用されます。
    1960年代に行われた動物実験で発ガン性があると発表され、一度は使用禁止になりました。
    しかし、サルに対して試験が行われ、発ガン性が見られなかったため、使用禁止は解かれることに。
    現在は、アメリカや中国では大量に使用されていますが、日本では発ガン性の懸念より、使用量が制限されています。
    ナトリウム塩にして水に溶けるようにした「サッカリンナトリウム」は、菓子類、アイスクリーム、清涼飲料水、乳飲料などに使用されています。

    【アスパルテーム】
    砂糖の100~200倍の甘さです。
    食品表示では「L-フェニルアラニン化合物」と併記されます。
    この理由は、フェニルアラニン化合物を代謝することができない病気「フェニルケトン尿症」を悪化させるからです。
    使用されている商品は、低カロリー甘味料のパルスイートをはじめ、洋菓子、ヨーグルト、お菓子、飲料水などです。
    安全性については、がん、脳腫瘍や白血病との関連も強く疑われています。

    【アセスルファムカリウム】
    砂糖の約130~200倍の甘さを持ちます。
    特に低カロリーを売りにした、清涼飲料水やアルコール飲料に使用されています。
    アセスルファムカリウムは、「アセスルファムK」と記されることもあります。
    後味が悪いと感じる人が多いので、甘みの後引きのある「アスパルテーム」とよく併用されています。
    製造過程で発がん性物質である「塩化メチレン(ジクロロメタン)」が溶媒として使われる場合があるため、一部では塩化メチレンの残留を不安視する声もあります。
    「塩化メチレン」は、皮膚に接触すると炎症を引き起こす場合があることが知られています。

    <

    さっぱりレモン味『燃やしま専科』

    wpid-moya_250.jpg

    燃やしま専科に含まれるコラーゲンは、マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
    コラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
    カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

    運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
    冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

    作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
    また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

    毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

    ~今回ご紹介した商品~
    体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
    「燃やしま専科」

    お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
    (定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
    また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

    ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

    お得な定期コース
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    10%引き4,482円(税抜)
    定期購入

    通常購入
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)

    Translate »