怪我をした時、温める?冷やす?

  • 冷やす時はどういう時か

    冷やす治療法を寒冷療法といいます。 基本的に急性期や炎症症状がある場合に冷やした方が良いそうです。例えば、捻挫の直後、スポーツ中にぶつかって腫れてしまった場合など。
    炎症の兆候とは、発赤、熱感、腫脹、疼痛、機能障害などで、このような症状が見られている場合は、組織の損傷や組織内で出血などが起こっているそうです。炎症症状が見られた場合や受傷直後は冷やすのが基本だそうです。 この時期に温めるのはタブーなので注意した方が良いそうです。
    例えば炎症がある場所を温めると、血管が拡張し血流量が増加するため腫れが増加し、痛みが強くなってしまいます。 これは温めの効果として血管拡張、血流増加、神経伝達速度が速くなるためだそうです。そのため炎症症状がある場所に対し温めることは良くないとされています。

    温める時はどういう時か

    温めるのは基本的に炎症症状がない場合のようです。 例えば、慢性的に筋肉が硬くなっていて痛みが出ている場合は温めます。 筋肉は温めることで柔らかくなるため痛みが軽減します。
    慢性というのは、激しい症状はないが、ダラダラと弱い症状が続く状態を指すそうです。
    慢性の時には、炎症はおさまっているので熱感も腫れもなく、激しい痛みもなくなっています。でも、地味な痛みがダラダラ続いています。
    慢性のときのカラダは、痛めた場所に限ってひどく疲れています。筋肉は硬く、血行は悪くなっています。血行が悪い場所は、重くてだるいような痛みを感じます。
    原因は、炎症ではなく血行不良ということだそうです。となると、血行を良くするには温めた方が良いということになります。
    痛みの原因によって冷やすのか温めるのか違います。 まずは原因を知ることが重要ですね。 冷やすのは、炎症症状があるとき。炎症症状がある場合に温めてしまうと悪化するため注意が必要です。温めるのは、慢性的な痛みの場合です。このように冷やす場合 と 温める場合の対処がちがうので注意が必要です。みなさんも適切な対応をし痛みが悪化しないように注意してくださいね。

    水分補給にクエン酸ドリンク

    さっぱりレモン味『燃やしま専科』

    wpid-moya_250.jpg

    燃やしま専科に含まれるコラーゲンは、マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
    コラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
    カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

    運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
    冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

    作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
    また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

    毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

    ~今回ご紹介した商品~
    体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
    「燃やしま専科」

    お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
    (定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
    また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

    ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

    お得な定期コース
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    10%引き4,482円(税抜)
    定期購入

    通常購入
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    単品購入

    Translate »