暑い夏は冷たいものを食べたい飲みたい!けどあまり体によくないようです。

内臓を冷やすと体に悪いんです。

冷たい物を飲食すると、内臓を冷やす原因になると言われており、内臓に負担がかかってしまいます。
内臓は、37~38度が最も活発に働く温度といわれており、内臓の温度が低くなると内臓の活動が低下してしまいます。
内臓の機能が低下してしまうのは、もちろん体にとっては良いことではありません。
また、冷たい物を飲食すると、食道を通って胃に運ばれますので、冷たい飲み物は最も胃に負担をかけると言われています。
場合によっては、胃がきちんと働かずに、お腹を下してしまうこともありますので、冷たい飲み物には注意がした方が良いでしょう。
お腹を下して下痢になりたくないのです、お腹の調子が悪いという人は、温かい飲み物を飲んで、内臓の活発に働かせましょう。
さらに、日本人は少し基礎体温が低いと言われており、内臓の温度が低くなっているといわれています。
内臓の機能が弱くなっている人が多いので、体を冷やさないようにするために、飲み物は常温で飲むと良いでしょう。

冷え性になりやすくなる

冷たい物を飲食すると、体温を下げ、血流を悪くすると言われており、飲みすぎると冷え性を悪化させたり、冷え性の原因になったりする可能性があります。
冷え性は筋肉量が少ない女性に多く発症しますが、男性も冷たい物を飲食し続けることによって、指先などが冷えるようになることもあります。
冷え性が気になる人は、冷たい物を飲食することは避けた方が健康に良いでしょう。
そのほかにも、肌荒れやニキビ、むくみの原因になると言われており、冷たい飲み物はあまりお勧めできません。

太りやすい体質になる

冷たい物を飲食することは、体温を低下させて、脂肪燃焼を妨げるとされています。
脂肪を燃焼しやすくするためには、体温を高く保つ必要性があり、体温が高い人ほど基礎代謝が良く、脂肪が燃焼しやすいといわれています。
脂肪を燃焼させることを考えると、温かい物を飲食して、内臓の機能を維持する方が良いとされています。
また、内臓が冷えやすくなると、内臓が冷えないよう脂肪を蓄えると言われています。
つまり冷たい物を飲食するという事は、内臓脂肪増加の原因にもなる可能性があるので、注意が必要です。

ただ、夏の暑い日や運動後などの、体温が高くて暑いと感じる場合には、冷たい飲み物を飲んでもいいのですが、飲んみすぎると、基礎代謝が下がり夏バテの原因になるので注意しましょう!

水分補給にクエン酸ドリンク

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

wpid-moya_250.jpg

燃やしま専科に含まれるコラーゲンは、マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
コラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
単品購入

Translate »