甘いものの食べるベストな時間帯があった

食べるなら日中がベスト

食後に甘いものを食べるというのがほとんどだとは思いますが、甘いものは3時のおやつとして食べるのがベストです。
というのも、1日の中でも午後3時~6時の間は人間の体温が1日の中で1番高くなり、カロリー消費が多く代謝が良い時間帯だと言われています。また、BMAL1(ビーマルワン)という脂肪を溜め込む働きをする体内の物質の分泌がこの時間帯は少ないため、3時のおやつに甘いものを食べるのに適した時間だと言えるのです。

もう1つは夕食前

夕食の30分程前に甘いものを食べておくと、夕食を摂るときに満腹感を得た状態から食事をスタートすることができます。
そのため、夕食でご飯やおかずの食べ過ぎ防止に繋がって太りにくい効果が得られます。
また、既述の通り膵臓の活発化している時間帯はお昼頃から夕方にかけての間です。そのため、夕食前の甘いものが午後6時頃になれば更に太りにくい効果を高めることができます。

なるべく食べてはいけない時間帯

夜、眠る前が1番体に良くないと言われてます。
人は眠っているとき、あまり身体を動かしませんよね?どんなに寝相の悪い人だって、起きて運動をしているときと比べて消費カロリーは格段に減ります。つまり、代謝が悪いということ。
眠る前に甘いものを食べると、食べた分のカロリーが消費されないまま睡眠時間に突入してしまうため脂肪が付きやすくなります。
夜食に甘いものを食べるのはなかなか素敵なことですが、ダイエット中は夜や眠る前におやつを食べることは避けましょう。

最後に

もっとも大切なのは食べる量です。
せっかく時間帯を守っても、たくさん食べてしまっては、カロリーオーバーしてしまいやはり体脂肪へと蓄えられてしまいます。
我慢のしすぎも良くありませんが、何事も程々が一番なんですね。

おすすめの燃焼系スポーツドリンク

スポーツドリンク ダウン・エフ

NF60

甘いのを食べた時には、ダウン・エフ!!!ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。

 

購入には通常購入とよりお得な定期購入とがございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
是非ご利用ください。

 

お得な定期コース
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
10%引き8,640円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
単品購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,600円<</spa

Translate »