白が掟のウィンブルドン

  • ウィンブルドンについて

    ウィンブルドンが幕を開けましたね。
    日本国内では、テニスといえばウィンブルドンと言うほど、テニスの代名詞的な存在ですよね。

    1877年に開始された4大大会最古の大会で、伝統と格式を重んじるというのが、日本人の美意識とマッチしているのでしょうか。

    昨今はだいぶ減ったが、まだウィンブルドンのことを全英オープンと表記するのを見かけますよね。テニスに、全英オープンはない。全豪、全仏、全米の主催は、その国の協会で、ゆえにナショナルオープンの側面を持つ。ウィンブルドンの主催は、会場であるオールイングランド・ローンテニス&クロッケークラブです。英国テニス協会ではない。つまりウィンブルドンはウィンブルドンなのですね。

    なぜ白なのか

    始まりは、1884年のウィンブルドン女子シングルス部門で初代優勝者となった、イングランド出身のモード・ワトソン選手に由来します。
    その選手が白で揃えたウェアを着用していたため、その伝統を守るいうのが始まりのようです。

    当時テニスは社交の場でもあったため、テニスをしている時に汗がにじみ出ている姿はみっともないという理由から、その汗が目立たない白色が採用されたという背景もあるそうです。
    イギリス人らしい、紳士的な理由から白色のウェアの着用がルールとして定められました。
    しかしながら、この白色のウェア着用義務には、かなり苦言が呈されているようです。

    しかしボールは黄色
    しかしこの白統一ルールですが、ただの1つだけ問題がありました。
    当時のウィンブルドンでの大会で使用されていたボールの色はなんと白だったのです。
    白いウェアーとシューズで統一してしまうと、同じ色をした白いボールが見えにくくなってしまいますよね。
    そこでこのルールを採用したことから、テニスボールの色が黄色くなったのではないか?と言われる説もあるみたいです。

    頑張る身体にアミノ酸補給 『アップ・イー』

    テニスの試合は見ているだけでもハードなのが伝わります。選手もコートチェンジの際に、水分補給やエネルギー補充のゼリーを口にしていますね。それだけ運動中に、クエン酸やアミノ酸が大切ということですね。

    アップ・イーは体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UP!
    運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』が433.86mgも配合されているので運動前・運動時に摂取することで、トレーニングでお疲れ気味の方の手助けをします。

    またさらに汗をかきたい方にもおすすめです。

    通常購入、お得な定期購入がございます。
    (定期購入がよりお得なお値段となっております。)
    また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
    日々のトレーニングの際、ぜひお試しください。

    スポーツドリンク アップイー

    アミノ酸

    お得な定期コース
    アップ・イー(500ml用×60袋入り)
    通常販売価格 8,400円(税抜)
    10%引き7,560円(税抜)
    定期購入
    お得な定期コース
    スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
    通常販売価格 7,200円(税抜)
    10%引き6,480円(税抜)
    定期購入
    通常購入
    アップ・イー(500ml用×60袋入り)
    通常販売価格 8,400円(税抜)
    単品購入
    通常購入
    アップ・イー(500ml用×20袋入り)
    通常販売価格 3,200円(税抜)
    単品購入
    通常購入
    スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
    通常販売価格 7,200円(税抜)
    単品購入

    Translate »