目の疲れはどう取る?

  • 冷やす?温める?

    スマートフォンの普及、パソコンを使った業務が増えている現代。
    ドライアイなどの目の不調、疲れを持つ方が多くなってきています。
    目の疲れを取るには目を冷やす「冷罨法」と目を温める「温罨法」という方法があります。
    それぞれ、やり方が違う方法。いったいどっちが正解なのでしょうか。
    あなたはどちらを実践していますか?

    今回は「冷罨法」、「温罨法」のそれぞれのメリットを紹介していきたいと思います。

    冷罨法を使う場面

    「冷罨法」とは、目の周りを一旦冷やし、血管と筋肉を一度収縮させ、元に戻す方法です。
    使用する場面としては、目が炎症や充血、目の痛みがある時にオススメされています。目を冷やすことによりこれらの症状を落ち着かせることができます。
    やり方としては、水に濡らしたタオルを絞り、冷たくなったタオルを目に上に置きます。10分ほどそのままの状態を維持すると効果が実感できると言われています。

    温罨法を使用する場面

    「温罨法」とは、目の周りを温めることにより、血流の流れをよくし、血管を広げ、血液の循環を良くする方法です。このやり方の効果は、目の疲れ、ドライアイ、眼精疲労からくる肩こり、腰痛に効果があると言われています。
    スマートフォン、パソコンを使うことが多くなった現代。
    現代人の目の疲れには、「温罨法」がオススメかもしれません。
    やり方としては、温かいお湯にタオルを濡らし、絞ったものを両目の上に置きます。この際、ヤケドしないよう注意してください。
    または、市販で販売されている目を温める商品など使用してもいいかと思います。

    まとめ

    それぞれ、目の状況によって冷やす、温めるといった方法があります。
    状況を把握し、これらのやり方を実践してみてください。
    また、効果には個人差があり、全ての方に効果があるとは限らないので、ご了承ください。
    目の違和感、不調が長く続いている方は、真っ先にお医者さんに相談してみたほうがいいかもしれません。

    27種類の栄養素配合のクエン酸ドリンク

    さっぱりレモン味『燃やしま専科』

    wpid-moya_250.jpg

    目の疲れは、目をとりまく筋肉の疲れともいえます。ビタミンB1には、筋肉の疲れをやわらげる働きがあるので、目の疲れを解消するのに役立ちます。また、ビタミンB1は、目の神経が正常に働くためにも重要な役割を果たしています。そんな、ビタミンB1も配合されている燃やしま専科。燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

    マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
    またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
    カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

    運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
    冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

    作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
    また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

    毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

    ~今回ご紹介した商品~
    体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
    「燃やしま専科」

    お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
    (定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
    また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

    ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

    お得な定期コース
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    10%引き4,482円(税抜)
    定期購入

    通常購入
    スポーツドリンク 燃やしま専科
    通常販売価格 4,980円(税抜)
    単品購入

    Translate »