Skip to content

ビールが美味しい季節!ダイエット中でも太らないお酒の飲み方とは?

お酒のカロリーを把握

1
夏になると飲み会がやけに増える今日この頃。
そして、なんとなく1杯目ビール。
ビールが冷えててとっても美味しいですよね!
ダイエット中だけど、ついついお酒って飲みすぎてしまいます。
お酒はカロリーや糖質が高いものが多いのです。ダイエット中は注意してお酒を飲みましょう。
ビール500ml:約200kcal
焼酎1合180ml:約250kcal
ウイスキー60ml:約150kcal
赤ワイン200ml:約170kcal
白ワイン200ml:約160kcal
日本酒1合180ml:約190kcal

約ごはん茶碗一杯分が基本。
また甘いジュースなので割るとさらにカロリーがプラスされます。
ダイエット中なら蒸留酒!
ウィスキー、焼酎、ウォッカなどがオススメです。

必ず水を飲んで

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
必ずお酒を飲んでいる最中にお水を飲むことをしてください。
アルコールの分解には多量の水分が必要です。
水分が不足するとアルコールの分解ができなくなってしまいます。
酔いを遅くらせると同時に、アルコールの分解を助けることができます。
飲んだ後はアルコールによって体は脱水症状になってしまうので、水分をしっかり補給することで二日酔いも予防します。
ジュースやお茶ではなく、シンプルな水が一番おススメです。

おつまみも要注意

4
意外と居酒屋などは低カロリーで高たんぱくの食べ物が多いです。
「焼き鳥」はおススメ。
高カロリー順に「皮→モモ→手羽→つくね→ねぎま→レバー」となります。砂肝も脂肪分が少なく低カロリーです。
あとはサラダやお刺身などが良いです。
当然、揚げ物はNGですので注意しましょう。

いかがでしたか?
ダイエット中ですお酒と上手に付き合って、楽しい時間を過ごしましょう。

ダイエット中の方におススメ

NF60

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。

 

購入には通常購入とよりお得な定期購入とがございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
是非ご利用ください。

 

お得な定期コース
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
10%引き8,640円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
単品購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,600円<

Translate »
Scroll To Top