Skip to content

知られざるニンニクの力

ニンニクパワー!

皆さん日頃ニンニクを摂取してますでしょうか?
「ヤダ、臭い」「口臭が気になる」
などイメージはそんなに良くありませんね。
しかしニンニクの知られざる成分を知ったあなたは、、、
今日からニンニクの虜になるかもしれません。

臭いの素はアリシン

あの特有のにおいの元となっているのが「アリシン」です。
強い抗菌・抗カビ作用をもつ化合物で、ニンニクに特に多く含まれていますが、ネギなどユリ科の香りの強い野菜にも含まれています。

アリシンは丸のままのニンニクには含まれず、細胞を壊されることで発生します。生ニンニクに含まれる「アリイン」が切るなどの調理の工程で「アリナーゼ」という酵素により分解されることによって、アリシンへと変化します。

アリシンの殺菌作用は強力で、食中毒予防に薬味として利用されたり、風邪をはじめとする感染症の予防に有効とされています。他に、コレステロール低下、血液サラサラ効果による血栓や動脈硬化の予防、血行を促進し冷え性や肩こりの軽減、美肌、血圧低下などにも効果的だと考えられています。
また、ニンニクを低温でじっくりと加熱することでアリシンが無臭成分「アホエン」に変化し、強い抗血栓作用やコレステロール低下、ストレス軽減、など様々な効果があるとされています。

ビタミンB1を活性化

日本人の主なエネルギー源は糖質。糖質を体内でエネルギーに変換させるのに必須なのがビタミンB1です。これが欠けていると糖質の分解が促進されず、疲労物質が溜まりやすく、疲れやすい体になってしいます。
アリシンはビタミンB1と結びつくことで、より体に吸収されやすい「アリチアミン」に変化。ビタミンB1と同様の働きをし、その効果は更にパワーアップします。何故なら、ビタミンB1に比べアリチアミンは体に吸収されやすく、しかも血液中に長く残る性質があるためです。疲労回復、滋養強壮、糖質の代謝アップよるダイエット効果などに力を発揮します。

ニンニクは疲労回復やスタミナ源に効果があると一般的に認識されていますが、それはこの働きに由来するものでしょう。ビタミンB1の多い食品の代表である豚肉とニンニクを合わせて食べるのがおすすめです。

と言っても1日のにんにくの摂取量の目安は、生にんにくの場合は1片、火を通したにんにくの場合は3片と言われています。
もちろん個人差はありますが、ニンニク取り過ぎてしまうと、胃粘膜を傷つけたり、貧血をおこしてしまうこともあるので、注意して下さいね。

クエン酸ドリンク

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

ニンニク食べたくなってきましたか?私は食べたくなってきました。でも、毎日毎日ニンニク食べていると、大変な事になるので、ビタミンなどバランスよく普段か取っていた方が良いですね。そんな思いに応えるドリンクがあります。それがEQ編集部がおすすめのクエン酸ドリンクがこちらの商品です。

wpid-moya_250.jpg

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top