Skip to content

熱帯夜での理想の睡眠方法とは?

熱帯夜の時の室温管理は難しい

まず暑くて寝苦しい夜は、エアコンをつける方が多いかと思います。
しかしエアコンを朝までずっとつけっぱなしにするのは、やはり身体によくありません。
人が寝ついた最初の3時間ほどはノンレム睡眠という状態になり、この間は脳が休んでいる時間で、自分で体温調節することができません。
ずっとエアコンを付けっ放しで朝起きると、低体温状態なので体もだるく起き上がりにくくなります。

エアコンが体によくなければ、扇風機どうでしょうか?
風に当たっているだけで、エアコンよりは体に良さそうなイメージを持たれますが、そうとうとは限らないようです。
扇風機でも一晩中身体に風が直接当たる状態になり、必要以上に体温が奪われている可能性がありますので危険です。
朝起きたらのどはカラカラになって脱水症状になることもあり、さらには睡眠中に汗をかいてそのまま扇風機の風に当たっていると、風邪をひいてしまうかもしれません。

エアコンも扇風機もダメならいっそう何も冷房機器を使わずに寝よう!
とやりたいとこですが、これも場合によっては、暑すぎると熱中症や脱水症状を引き起こす危険性もあります。
寝苦しくなれば、十分な睡眠がとれず、翌朝疲れが残ってしまいます。

熱帯夜に時の理想の睡眠方法

では、熱帯夜の就寝時はどのようにして寝れば良いか?
ここはやはり冷房機器を上手に使うと良いでしょう。

その使い方とはタイマーを使用し、3時間で切れるよう設定する事です。
それは人は眠りにつくために、体温が下がってくる必要があるため、最初の3時間だけクーラーを使うなら寝るときの最初の3時間だけタイマーを設定しておけば良いのです。
何故3時間が良いかというと、眠ってから最初の3時間で、深い睡眠の80~90%に達するとされているからです。そこから深い眠りに入るまで快適な状態でいれば、あとは冷房がなくても暑さで目覚めるということはあまりありません。
そして冷房が切れても、冷気はしばらくは残りますので、徐々に室内温度が上がっていけば、徐々に体温も慣れてきます。

また扇風機を使うなら、必ず弱い風で首ふりを設定して、エアコンと同じように最初の3時間程度で切れるタイマーを設定した方が良いでしょう。

水分補給にクエン酸ドリンク

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

wpid-moya_250.jpg

夏の寝苦しさは悩みどころ。対処なしでは体を休める睡眠が、逆にダメージ残しそうです。このお役立ち情報を参考にしてもらい、夏の熱帯夜を乗り越えてもらえればとおもいます!

燃やしま専科に含まれるコラーゲンは、マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
コラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top