Skip to content

暑い夏の夜、寝ている間もエアコンはつけっぱなしが正解?!

暑い夏にはエアコンが欠かせませんが、どんなに暑くても寝る時はエアコンを消して寝るという人が多いと思います。寝るときにエアコンをつけっぱなしにしておくと体に悪い、と思っている方が多いようですが、実は医学的根拠はないようです。それどころか、就寝時はむしろエアコンを消しちゃいけないそうです。

エアコンをつけずに就寝することで、自律神経が酷使される?

なぜ、就寝時にエアコンを消してはいけないかというと、就寝時に自律神経が酷使されてしまうからだそうです。夏の疲労感や夏バテの原因は、汗をかいたり、体温を調節する自律神経が酷使されることで疲労の症状が起こるそうです。

暑い夏にエアコンをつけずに就寝すると、当然、寝汗をかきますが、寝汗をかいて寝ているということは、その間も自律神経がフル稼働で体温を下げようと機能している状態で、これは自律神経を酷使していると言えるそうです。暑い夏に我慢してエアコンを消して寝ることは、寝ながら運動しているようなものだそうです。

エアコンをつけた正しい寝方って?

とはいえ、ただエアコンをつけていればいいという訳でもなく、エアコンをつけっぱなしにする代わりに、布団をしっかり掛けて寝るのが理想的だそうです。

就寝時、心臓より上は涼しい方が良いそうですが、心臓より下は温かい方が副交感神経が刺激されて、リラックス効果があるそうです。このため、心臓より下に布団をしっかりかけて寝るのがベストと言えるでしょう。

また就寝時は、除湿より「冷房」設定が良いそうです。除湿の方が温度を下げてしまうようで、就寝時に冷え過ぎになってしまうそうです。エアコンで身体を冷やしすぎると、身体がだるく感じてしまいます。人間は就寝時は起きているときより体温が下がるので、就寝時のエアコン温度は少し暑く感じる程度で良いそうです。

最近はエアコンをつけっぱなしの方が、電気代も安いという話もありますから、節約面でも健康面でもエアコンつけっぱなしで寝る方がいいみたいですから、上手にエアコンを使って、快適な睡眠をとりましょう!

水分補給にクエン酸ドリンク

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

wpid-moya_250.jpg

燃やしま専科に含まれるコラーゲンは、マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
コラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top