Skip to content

休日を楽しめない・・・脱力感や無気力に襲われる週末うつとは?

週末うつとは?

平日は仕事に精を出すが、休日は脱力感に襲われてやる気が起こらない。昼ごろ起きてジャージー姿でゴロゴロし、スマートフォンやインターネットを見ているうちに1日が終わる…。近年、そんな人が増えています。
そんな休日を過ごしている方を「週末うつ」とも呼ばれ始めています。
週末うつは30~40代の独身男性に多く、休日が楽しめず、早く月曜日になってほしいと思う。真面目で責任感が強く、人付き合いが苦手な人が陥りやすいようです。
うつ病とは違い、表面的には変わりませんが、休日になると疎外感が募って生活のリズムが乱れ、体の不調が起こります。長引くとうつ病に進行するケースもある症状でもあります。

週末うつの原因

①趣味がない
近年、若者の「○○離れ」が取り沙汰されるように趣味の少ない人が増えており、それも原因に挙げられています。平日は仕事に追われてそれなりに頑張れるが、会社の歯車のようなもので充実感とは程遠く、ストレスをためたまま週末を迎える。趣味などでストレスを解消できればいいが、それができないのが現実だ。

②スマホ依存症
この週末うつに拍車を掛けるのが、近年のスマホ依存やインターネットでの新しい人間関係です。睡眠前のスマートフォン使用は、ブルーライトの影響で睡眠の質を下げるだけではない。ツイッターやラインなどのインターネット交流サイト(SNS)による絆は、人付き合いの少ない人にとってもろ刃の剣で、逆にストレスになることもあるといいます。

週末うつにならないための対策

こうした週末うつと縁を切るために、レスト(休養)、リラクセーション(癒やし)、レクリエーション(活性化)の「三つのR」を推奨します。
規則正しい生活を送り十分な睡眠を取るほか、料理や楽器演奏、写真、あるいはアロマセラピーなど頭や手先を使う趣味を始めたり、資格を取ったりするなどの楽しみを見つけるのも良いでしょう。ただ、最初から休日にやろうと思っても、週末うつの人には難しいです。
そこで、まずは平日の15分から試してみるの推奨します。
わずかな時間でも趣味などに費やすことで、その時間が楽しくなるかもしれない。そうすれば今度は時間を増やしたくなり、休日にもやりたくなるはずです。週末うつを吹き飛ばすには、実は平日を大事にすることがポイントなのです。

ビタミンたっぷり『燃やしま専科』

wpid-moya_250.jpg

燃やしま専科に含まれるコラーゲンは、マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
コラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)

[contact-field label="名前" type="name" required="true"/][contact-field label="メールアドレス" type="email" required="true"/][contact-field label="ウェブサイト" type="url"/][contact-field label="メッセージ" type="textarea"/][/contact-form

Translate »
Scroll To Top