Skip to content

ダイエット時の忘年会には、蒸留酒がおすすめです。

もうそろそろ忘年会シーズンが始まりますね。
ダイエット中の方には、なかなか厳しい時期ですね。
実はお酒は間違った飲みかたをしなければ、ダイエットに影響を与えにくいとも言われています。

ダイエット中にお酒を飲んで太る原因

■お酒を飲むと口さみしくなっておつまみを食べてしまう

■アルコールには食欲増進効果があり飲みながら食べると普段以上の量を食べてしまうことがある

■お酒を飲んだ後には他の食べ物などを食べた場合に比べ血糖値が上がりにくく、しかも塩気のあるものがほしくなってラーメンなど食べてしまう。

ダイエット中に飲んでも良いお酒の種類は?

蒸留酒

◎焼酎
◎ウイスキー
◎ブランデー
◎ウォッカ
◎テキーラ

・理由
ビールや日本酒などに比べて減量のカロリーが少なくまたアルコール度数が高いです。
その為、通常勢いよくは飲めないことから量のコントロールもしやすく、ダイエット向きです。

何かで割る場合は、ウーロン茶や緑茶など甘みのないもので割りましょう。

ダイエット中にお酒と一緒に食べても太らない食事やおつまみは?

・刺身
良質のたんぱく質を含みます。

・ノンオイルドレッシング、またはドレッシングなしのサラダ
カロリーが低く、ビタミンや食物繊維が取れます。

・冷ややっこ
こちらもたんぱく質を含み、健康食品ですね。

・枝豆
定番で、栄養的にも優れています。

・キムチ
発酵食品で、カロリーも低く満足感がありますね

ダイエット中にお酒を飲むと筋肉にどのような影響を与えるか?

アルコールを飲むことは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を減少させ、コルチゾールというホルモンの分泌を増やすことが知られています。

テストステロンは筋肉を増強させる働きがあり、コルチゾールには筋肉を壊す働きがあります。

つまりせっかく筋トレしても通常より筋肉が出来にくくなります。それに加えて、お酒を飲み過ぎることで内臓も疲れさせてしまうので、身体にダメージが大きくなりますよ。

燃焼系アミノ酸配合ドリンク

スポーツドリンク ダウン・エフ

NF60

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。

購入には通常購入とよりお得な定期購入とがございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
是非ご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
10%引き8,640円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
単品購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,600円<</spa

[contact-field label="名前" type="name" required="true"/][contact-field label="メールアドレス" type="email" required="true"/][contact-field label="ウェブサイト" type="url"/][contact-field label="メッセージ" type="textarea"/][/c

Translate »
Scroll To Top