Skip to content

パスタのGI値に注目

ダイエット中でもパスタ食べたい

パスタ嫌いって方は少ないと思います。ただ炭水化物だし油を使う事も多い為ダイエット中だとどうしてもその辺が気になり避けてしまいがちです。美味しい物を我慢するってストレスですよね。そこで今回はパスタのGI値を知ってもらい、是非パスタを安心して食べて貰えるお話をします。

パスタのGI値を知ろう

パスタで最も気になるのはそのカロリーですが、乾麺100gを茹でると、378kca(茹であがり量240g)、100gあたりで149kcalです。
白米は100gあたり168kcalですので、グラムあたりのカロリーだけを比較すると、白米のほうがやや上ですが、パスタ一食分となると乾麺で80~100gぐらいが一般的な量ですので、どうしてもその分はご飯を1膳食べるよりも、カロリーを多く摂ることになります。
量的には、白米で言えば丼ぶり1杯となります。そこに様々なソースを和えるので更にカロリーは増えます。避けたくなる理由の一つかも知れませんがGI値に注目してみると話が変わって来ます。
GI値とは血糖値の上昇するスピードを、食品ごとに数値化したもので、数値が大きいほど血糖値が上がりやすく太りやすいという指標です。
例としてフランスパン 93/食パン 91/白米 84/うどん 80/パスタ 65/そば 59になります。
GIが低い方になりますが、やはり量やソース類、具には気をつけなければなりません。

最後に

パスタの本国イタリアでは、前菜やメインの魚・肉などと合わせてパスタを食べる事が多いです。パスタは様々な具材と組み合わせることが多いので、カロリーに気をつけながら選びのポイントを知っていれば、ダイエット向けのメニューになる場合があります。合わせる具材やソース次第では、同じ量でも倍ほど高カロリーになる場合もあるので注意が必要です。
メニュー選びや食べ合わせに気を付けて適量を食べれば、ダイエット中でもパスタを食べても大丈夫です!せっかくGIが低いパスタ、美味しくいただきたいですよね。

カロリーは消費しよう!

燃焼系アミノ配合ダウン・エフ

NF60

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。

購入には通常購入とよりお得な定期購入とがございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
是非ご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
10%引き8,640円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
単品購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,600円<</spa

[contact-field label="名前" type="name" required="true"/][contact-field label="メールアドレス" type="email" required="true"/][contact-field label="ウェブサイト" type="url"/][contact-field label="メッセージ" type="textarea"/][/c

Translate »
Scroll To Top