Skip to content

体重と体脂肪の関係性

太っている、やせている、その目安として考える最もポピュラーな数値は「体重」。しかし本当の肥満度は、体重に占める脂肪の割合、つまり体脂肪率で決まるのである。その微妙な関係を探ってみよう。

体重と体脂肪その違いは?

体重が純粋な体の「重さ」であるのに対し、体脂肪率とは体重に占める「脂肪の割合」のこと。
人間の体は主に水分と筋肉と脂肪でできており、脂肪は生きていくためにある程度は必要。しかし、増え過ぎると美容と健康の大敵に。体重は標準でも体脂肪が高ければ「隠れ肥満」になってしまうのだ。

また「BMI」(ボディ・マス・インテックス)という数値もある。これは体重と身長がどのような関係にあるかを示す数値で、

体重(kg)÷ 身長(m)÷ 身長(m)

という公式で求められる。BMI値は、心臓病、高血圧、糖尿病といった生活習慣病やある種のガンなどに対するその人の危険率(リスク)を決定するかなり正確な指標であることがわかっている。理想的なBMIは19.8~24.2の間。興味のある人はチェックしてみよう。

体脂肪の必要性

体のために蓄えられた、エネルギーの源となるのが体脂肪。生活のための活力源、体の保温、
内臓を保護して正常な位置に保つなど、大切な役割がある。健康を維持するためにはある程度は必要なものなのである。

体脂肪がつきやすい体質は?

体脂肪を蓄える「脂肪細胞」の数が急増する時期、つまり胎児の時期、1歳頃、思春期の初期に太っていた人は太りやすい体質といえるかも。脂肪細胞は、その後の体重の減少にかかわらずほとんどなくならないので、この時期に太っていた人は脂肪細胞の数が多く、いつでも体脂肪を蓄えられる状況にあるというわけ。

ダイエットにダウンエフ

スポーツドリンク ダウン・エフ

NF60

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。

購入には通常購入とよりお得な定期購入とがございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
是非ご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
10%引き8,640円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
単品購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,600円<</spa

[contact-field label="名前" type="name" required="true"/][contact-field label="メールアドレス" type="email" required="true"/][contact-field label="ウェブサイト" type="url"/][contact-field label="メッセージ" type="textarea"/][/c

Translate »
Scroll To Top