Skip to content

内臓脂肪がたまる原因

過食や食事の内容

いわゆる「食べ過ぎ」の状態になると、エネルギーとして使われなかった余剰分が脂肪として蓄積されていきます。若い頃は、しっかりエネルギーとして代謝できていたものも、年齢を重ねると共に必要エネルギーは少ない量ですむため、同じ感覚で食べていれば過剰になります。

また食生活の欧米化も肥満体質の原因のひとつ。動物性脂肪が多く含まれる食事は、身体の脂肪を増やす原因です。

食生活の乱れ

偏食は内蔵脂肪を増やす原因となります。例えば朝は食べずに、昼や夜にドカ食いをしてしまうような状態。

食事の間隔が空きすぎる事によって、身体の防衛機能的に栄養が補給された時に、それを脂肪として溜め込みやすい体質になります。

また夜の遅い時間に食事をとる事は、脂肪を溜め込みやすい時間にどんどん脂肪分を補給しているようなものです。

運動不足

基本的に脂肪を減らすためには、運動よりも食事に対するアプローチの方が有効。ですが、内蔵脂肪に関しては、身体の脂肪の中で運動によって最も落としやすい脂肪である事も知られています。

皮下脂肪等と比較しても運動すれば落とせる脂肪であるのに、増えてしまっているなら、やはり「運動不足である事」も大きな要因と言えます。

ストレス

大きなストレスを感じると、身体の代謝機能が低下してしまいます。また、偏食や食生活の乱れによって栄養に偏りが出てくると、それによってビタミンやミネラル等の必要な栄養素も不足しがちな状態になり、イライラの原因に。それぞれの原因が相互的に影響しあって、脂肪を作る原因となっているのです。

ダイエットにダウンエフ

スポーツドリンク ダウン・エフ

NF60

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。

購入には通常購入とよりお得な定期購入とがございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
是非ご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
10%引き8,640円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 9,600円(税抜)
単品購入

通常購入
スポーツドリンク ダウン・エフ(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,600円<</spa

[contact-field label="名前" type="name" required="true"/][contact-field label="メールアドレス" type="email" required="true"/][contact-field label="ウェブサイト" type="url"/][contact-field label="メッセージ" type="textarea"/][/c

Translate »
Scroll To Top