Skip to content

花粉症は朝がツライ!

朝起きるとくしゃみや鼻水が止まらない!

Sneezing cute woman

花粉症と長年付き合っていれば、花粉シーズンに外出するときのマスクやメガネの装着などを、当然のこととして実践できている人は少なくない。それでもなかなか対策しきれないのが、朝の時間帯。目が覚めてすぐに、くしゃみや鼻水が止まらなくなったり、鼻づまりが普段よりもつらく感じたりする。これは、俗に「モーニングアタック」と呼ばれる現象で、多くの花粉症の人たちを悩ませている。

自律神経のバランスや花粉の吸い込み

モーニングアタックの原因のひとつとして、起きてすぐの時間帯は、自律神経のバランスがまだうまくとれていないことが挙げられる。昼間は交感神経が優位になるため、体はくしゃみや鼻水などの症状を抑えようとする。しかし、眠りから覚めてすぐは、副交感神経が優位にある。このため、症状をうまくコントロールできず、モーニングアタックが起きると考えられる。

もうひとつの原因として考えられるのが、睡眠中や起きた直後の花粉の吸い込み。目が覚め、起き上がろうとすると、たとえわずかな動きであっても、布団や床に積もっていた花粉は自然と撒き上げられてしまう。それを吸い込み、症状が現れている可能性がある。

予防するには

●布団はできるだけ外に干さないようにする
外に干すと花粉が付いてしまうので、可能であれば布団乾燥機などを利用するのが望ましい。外に干す場合、ポイントとなるのは時間帯。花粉の飛散量が比較的少ない午前中に干すようにする。中に取り込むときは、布団をはたいて花粉を落とそう。

●布団に付いている花粉を拭き取る
たとえ外に干さなくても、外から持ち込まれた花粉が布団に付くことはある。寝ているときや起きた直後に吸い込まないように、布団に付いた花粉は、軽く濡らしたタオルなどで拭き取っておこう。口や鼻の近くにある花粉がもっとも吸い込まれやすいので、特に枕のまわりは念入りに拭いておきたい。

●夜に入浴する
風呂に入る、あるいはシャワーを浴びることで、全身の花粉を洗い流すことができる。日中に体に付着した花粉を寝室まで持ち込まないために、普段は朝の入浴を習慣としている人も、花粉のシーズンは夜に入浴することが勧められる。

●就寝前に薬を忘れず服用する
花粉症の薬に期待したいのは、1日のどの時間帯であっても、効き目が持続していること。薬によって飲む回数は異なるが、朝の時間帯でも効き目が続いている状態を保てるように、就寝前の服薬を忘れないようにしよう。

●空気清浄機を利用する
起きたときに吸い込まないよう、空気清浄機で室内の花粉を取り除こう。自動的に運転の開始や停止ができるタイマー機能を備えたタイプであれば、それを使って、眠っている間に除去するのも良いだろう。

ビタミン補給も対策の一つ

wpid-moya_250.jpg
ビタミンDはここ数年花粉症改善に役立つ成分といわれています。燃やしま専科にはビタミンDも含まれています。
燃やしま専科に含まれるコラーゲンは、マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
コラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)

Translate »
Scroll To Top