Skip to content

遅筋って知っていますか?

速筋もあれば逆に遅筋もあります!
速筋と違う筋肉タイプの遅筋は、どういったものなのでしょうか?

遅筋とは

遅筋は速筋とは逆で、収縮するスピードが遅く弱い力しか出せませんが、スタミナがあり持久力に優れているという特性があります。

持久力というところからもわかるように、ランニングなどの有酸素運動の際に主に使われます。

わかりやすい例では、マラソンランナーがあげられます。
あれだけ長い時間走り続けることができるのは遅筋繊維が発達しているおかげなのです。

筋肥大を起こすのは遅筋ではなく速筋になりますので、マラソンランナーなど見ても、短距離選手のような体つきの人はいまぜんよね。

そして遅筋は別名「赤筋」とも呼ばれます。
白筋の時と同じく、遅筋は赤く見えるから赤筋です。

赤身の魚の代表であるマグロやカツオは、休むことなく泳ぎ続けられる持久力の高い赤筋が多いため身が赤いのです。

遅筋の鍛え方

マラソンでええ記録をだしたいんや!
勝ちたいんや!!!
そんな人は、速筋ではなく遅筋を鍛えよましょう!

遅筋を鍛えるためにはランニングなどの有酸素運動が効果的です。
遅筋を鍛えることで筋持久力がついて長時間の運動でもバテにくい身体になります。

また、遅筋は脂肪をエネルギーに変えるのでダイエットにも効果的です。

ランニングは短時間で終わるのではなく、30分以上は続けるようにしましょう。

日本人は遅筋のほうが多い?

日本人は、平均すると7:3の割合で遅筋が勝っていると言われています。欧米人は、速筋の割合が高いと言われています。
速筋と遅筋の割合は、陸上競技のようなタイムを競うようなスポーツで顕著に現れます。
また、その割合は遺伝するとも言われており、両親の速筋の割合が高ければ、子どもも速筋の割合が高くなり、両親の遅筋の割合が高ければ、子どもも遅筋の割合が高くなります。

ただ諸説は色々ありますので、この説が正しいというわけではないと思います。

疲労の予防と回復に効果的

IMG_1235

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。
さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク アップイー

アミノ酸
お得な定期コース
アップ・イー(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 8,400円(税抜)
10%引き7,560円(税抜)
定期購入
お得な定期コース
スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
通常販売価格 7,200円(税抜)
10%引き6,480円(税抜)
定期購入
通常購入
アップ・イー(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 8,400円(税抜)
単品購入
通常購入
アップ・イー(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,200円(税抜)
単品購入
通常購入
スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
通常販売価格 7,200円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top