Skip to content

どう違う?「カフェオレ」と「カフェラテ」の違い

最近はコーヒー店も増え、コンビニでも美味しいコーヒーが買えたり、多くの方がコーヒーを飲まれている方が多いと思いますが、コーヒーの種類もたくさんありますよね。私はミルクが入って、甘いやつしか飲めないんですが、「カフェオレ」と「カフェラテ」って、どう違うんでしょうか?他にもカプチーノとかカフェモカとか、微妙によく分かりません。

「カフェオレ」と「カフェラテ」の違いって?


カフェオレの「オレ」はフランス語で「牛乳」を意味するそうです。これに対し、カフェラテの「ラテ」もイタリア語で「牛乳」を意味します。ということはフランス語かイタリア語の違いかと思いきや、ベースになるコーヒーやミルクの量などが違うそうです。

「カフェオレ」はドリップで抽出した濃いめのブレンドコーヒーにミルクを加えたもので、コーヒーとミルクの割合はほぼ半分ずつの5:5のようです。 これに対し「カフェラテ」は、エスプレッソ抽出したコーヒーにスチームミルク(温めたミルク)を加えたものになるそうです。

「カプチーノ」?「カフェモカ」?


加えて、「カプチーノ」と「カフェモカ」も違いが分かりにくいみたいですね。ミルクを蒸気で温めたものを、エスプレッソにそのまま加えたのが「カフェラテ」に対して、ミルクを蒸気で温めて、さらに泡立てたものをエスプレッソに加えるのが「カプチーノ」になるそうです。

カプチーノはミルクの泡部分が多いので、ミルク成分の割合はさほど多くなく、カフェラテに比べるとビターな味わいなんだそうです。

最後に「カフェモカ」は、エスプレッソをベースに、温めたミルクに加え、チョコレートシロップを加えたものだそうです。チョコレートシロップを加えることで甘みが加わり、だいぶ他と雰囲気が変わりますね。

疲れがなかなか取れない方におすすめ

IMG_1235

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。
さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク アップイー

アミノ酸
お得な定期コース
アップ・イー(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 8,400円(税抜)
10%引き7,560円(税抜)
定期購入
お得な定期コース
スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
通常販売価格 7,200円(税抜)
10%引き6,480円(税抜)
定期購入
通常購入
アップ・イー(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 8,400円(税抜)
単品購入
通常購入
アップ・イー(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,200円(税抜)
単品購入
通常購入
スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
通常販売価格 7,200円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top