Skip to content

栄養満点の「とろろ」!痒くなるのは何故?

山うなぎとも呼ばれることもあるほど栄養成分が豊富な山芋をもちいた「とろろ」。痒くなるので苦手な方も多いそうです。

「とろろ」と言えば、何芋?


「とろろ」といっても、長芋や自然薯などありますが、似ているようでもちろん違いがあります。「長芋」は中国が原産で、スーパーでよく見かける棒状の芋。水分が多く、粘りが少ないので、すりおろして食べるのには向いておらず、短冊切りにして、みずみずしいサクサクの食感を楽しむのが良いそうです。

「大和芋」は南方原産種(東南アジア)で、人間の手のひらのような、イチョウの葉のような形の芋。つるっとした滑らかな舌触りと強い粘りが特徴で、すりおろして食べるのに向いています。「自然薯」は日本原産で、長芋のような棒状のもので、天然物は収穫に手間がかかるので、あまり流通量が少なく貴重です。すりおろしても箸でしっかり掴める粘りの強さが特徴です。

また「山芋」が入っていないという方もいるかもしれませんが、山芋は一般的に長芋や自然薯などの総称で、芋の種類ではないんです。

痒くなる「とろろ」、酷い場合はアナフィラキシー症状も引き起こす?!


「とろろ」は栄養もあって美味しいのですが、口の中や手がかゆくなってしまうので苦手という人も結構いますが、大人になって山芋が食べられるようになったという人もいるそうです。これは子供は皮膚が弱く、ちょっとした刺激でもアレルギー症状が出ることがあるためだそうです。酷い場合はアナフィラキシー症状を引き起こす可能性もあるので、無理に食べないように気を付けましょう。特に皮膚や消化器系等が弱い乳幼児や子供に食べさせるときは要注意です。

どうしても食べたくなった時は、粘り気の少ない長芋を選び、さらに加熱して食べると症状は出にくくなるそうです。しかし、一度でも山芋でアレルギーを発症したことがあるという人は避けた方がよいでしょう。

山ウナギと言われるほど栄養豊富な「とろろ」!

「とろろ」で用いられる山芋は「山うなぎ」とも呼ばれることもあるほど栄養成分が豊富。含まれている栄養素は、種類による差はないそうですが、ジャガイモより低カロリーでダイエットには向いている食材と言えます。

腸内環境を整える食物繊維が豊富で腹持ちが良く、疲労回復に効果的なビタミンB、美肌効果のあるビタミンCも含まれています。ただし、低カロリーとはいえ山芋は炭水化物なので食べ過ぎには注意しましょう。

疲労の予防と回復に効果的

IMG_1235

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。
さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク アップイー

アミノ酸
お得な定期コース
アップ・イー(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 8,400円(税抜)
10%引き7,560円(税抜)
定期購入
お得な定期コース
スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
通常販売価格 7,200円(税抜)
10%引き6,480円(税抜)
定期購入
通常購入
アップ・イー(500ml用×60袋入り)
通常販売価格 8,400円(税抜)
単品購入
通常購入
アップ・イー(500ml用×20袋入り)
通常販売価格 3,200円(税抜)
単品購入
通常購入
スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g)
通常販売価格 7,200円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top