Skip to content

健康を守る!免疫力を高めるには

最近、何だか体の調子が悪いと感じている人はいませんか?風邪を引きやすい、疲れやすいといった症状が頻繁に起こるという場合は、体の免疫力が低下している可能性が高いです。

免疫力が低下してくると


免疫力が低下していると風邪をひきやすくなる、尿道炎や膀胱炎にかかりやすくなる、口内炎が増える、便秘になりやすいなどさまざまな症状を引き起こしやすくなります。

なかでも、特に発症しやすいのが風邪や感染症といったウイルスによる疾患です。
ウイルスや細菌、カビといった微生物などは空気中や人の体表面に当たり前に存在し、これらが体内に侵入すると人は感染症を起こします。

軽いものでは、目やに・ニキビ・吹き出物・口内炎・水虫などです。
このような感染症は日常的に起こりやすいものですが、健康体であれば体内にある免疫細胞が働いて発症を防いでくれます。

しかし、免疫力が低下していると微生物たちを排除することができずに感染症を起こします。
免疫力が低下していると、感染症が重症化しやすいのも特徴です。
インフルエンザ・扁桃腺炎・帯状湿疹・歯周病・性器ヘルペスなど、重い疾患を引き起こしやすくなるおそれがあるのです。

免疫力を高めるには


・体温を下げない
平均体温が1°C下がると免疫力は37%下がり、1°C上がると免疫力は60%活性化される。体温は免疫力を大きく左右します。風邪を引いた時、熱が上がるのも免疫力を上げるための生体防御反応です。IL-1(インターリュウキン1)の作用なのです。体温を下げない工夫が必要です。冬季ならば、マフラー・レッグウオーマー・手袋等の着用。夏季ならば、クーラーによる冷え過ぎ等に注意をお願いします。

・充分な休養でストレス回避
 「笑い」(快・充足)が免疫力を活性化させ、「ストレス」(不快・不充分)が逆に免疫力を低下させます。満足度が高ければ、脳内セロトニン・ドーパミン・βエンドルフィン等が高まり免疫力が上昇します。逆に、不満足だと、コルチゾール等が上昇して、血圧上昇、糖尿病の悪化、免疫細胞活性低下になります。ストレスに負けないためには、「適切な休養」「積極的な休養」が大切です。「休養」には「休む」と「養う」の2つの意味があります。仕事の後や休日には体を休めることが大事ですが、趣味・旅行・スポーツ・家族の団らん・友人との付き合い等、「自分で養う」事も大切。これが積極的休養で、ストレス発散に役立ちます。

・バランスの良い食事を心がける
栄養バランスの乱れが、免疫力を低下させます。バランスよく栄養を取りましょう。 偏った食生活を見直しましょう。免疫力を高める食事の工夫も必要です。ニンニク、ショウガ、ミョウガ、青ジソメニュー等、香味野菜や緑黄色野菜は免疫力を高めます。

毎日の健康管理・健康維持に

IMG_1235

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク 燃やしま専科

アミノ酸
お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top