Skip to content

「生野菜」!「温野菜」!野菜の理想的な食べ方は?

健康や美容に欠かせない野菜ですが、「生野菜」と「温野菜」にはそれぞれのメリットとデメリットがあります。理想的な野菜の食べ方って?

「生野菜」のメリットとデメリット

メリット

「生野菜」は、そのまま野菜の栄養が摂取できること。野菜の栄養素の中には、熱を加えたり、調理をすると壊れてしまうものもあります。よって、生野菜は熱に弱いと言われるビタミンCなども破壊されずそのまま摂取することが出来ます。

デメリット

野菜の1日の摂取量は350グラム以上と目標値が設定されています。これを「生野菜」だけで摂ろうとすると、かなりのボリュームを毎回の食事で摂らなくてはならず、大変です。また、「生野菜」の栄養素は摂取しても吸収率が悪いものがあり、含まれるたくさんの栄養をうまく活かすことができません。

「温野菜」のメリット・デメリット

メリット

「温野菜」は加熱調理することでカサが減るのでたくさんの野菜を食べることができます。また、βカロテンなど、油で調理すれば油溶性ビタミンの吸収率が良くなるメリットがあります。

生で食べるより、「温野菜」のほうが強い抗酸化力があるとも言われており、摂取した栄養素は温野菜の方が人間の体に吸収されやすいものもあります。

デメリット

身体に入ってきた栄養素は効率的に吸収できるとしても、加熱する際に、ビタミンB群・ビオチン・葉酸・ビタミンCなどの水溶性ビタミンやポリフェノールなどが失われてしまう栄養素もあります。

水溶性ビタミンを調理する場合は、加熱時間を短くするなどの工夫が必要です。

野菜の理想的な食べ方は、、、


「生野菜」と「温野菜」にはそれぞれメリットやデメリットがありますがありますが、効率的に栄養素を吸収するためには、その野菜にあった調理法を取り入れることが大切です。例えば、水溶性ビタミンが多く含まれているレタスや大根、山芋などは生で食べるのが適していて、β-カロテンやビタミンA、D、E、Kといった油と相性の良い栄養素が含まれる緑黄色野菜のほうれん草やニンジン、ピーマンなどは温野菜として食べたほうが栄養素をしっかりと摂取することが出来ます。一日の理想的な摂取量を「生野菜」だけで食べると結構な量になってしまうので、「温野菜」も上手に組み合わせて食べるようにしましょう!

ほとんどが食品からとれる成分でできています

IMG_1235

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク 燃やしま専科

アミノ酸
お得な定期コース
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
10%引き4,482円(税抜)
定期購入

通常購入
スポーツドリンク 燃やしま専科
通常販売価格 4,980円(税抜)
単品購入

Translate »
Scroll To Top