Skip to content

そもそも「1日分の野菜」ってどれくらい?

日本人の野菜の摂取量は年々減少しているそうで、意識して積極的に摂取したいもの。最近では一日分の野菜が入った、、、みたいな商品もありますが、そもそも1日の摂取量ってどれくらいなんでしょうか?

「一日分の野菜」ってどれくらい?

日本人は野菜不足と言われているのは、アンケートをとっているそうですが、その際に目安となっているのが、厚生労働省が推奨している「一日の野菜の摂取量」、350gです。成人の1日の摂取量の目標で、これを目安に多いか少ないということを判断基準しているそうです。

ちなみに、1日3食とすれば、350gを3回に分け、1食当り115~120g摂ればいいことになります。意識すれば摂れそうな気もしますね。

どんな野菜を食べればいいの?

一口に野菜と言っても、葉野菜、根野菜、緑黄色野菜、淡色野菜などがいろいろな種類があります。緑黄色野菜は、カロテン・ビタミンなどは老化を防いで、免疫力向上させる抗酸化ビタミンが豊富。淡色色野菜はカロチンは少な目ですが、ビタミンCなどの抗酸化ビタミンは豊富など、それぞれの野菜にはそれぞれの栄養素が含まれていますから、これもまたバランス良く食べることが大事です。

どうしても一日350g食べられない、、、

理想は毎食、炭水化物とタンパク質と野菜を数種類という献立が望ましいところですが、実際には難しいという方が多いと思います。それであれば、昼食に野菜が少なかったなら、夜にサラダと煮物とお浸しというように野菜のメニューを増やして、1日の目標数をクリアすること考えましょう。

例えば、葉野菜であれば、軽くお湯に通すことで、かさが減り、沢山食べることが出来ます。ホウレンソウのお浸しなどがそうですね。レタスやモヤシもスープに入れれば沢山の量を食べることができます。もちろん生野菜も食べた方がいいですが、火を通せば350gの野菜は割と簡単に食べることができるんです。

それも難しく、野菜が不足してしまうのであれば、サプリメントなどで補うという手もあります。ちなみに野菜ジュースなどで補う場合は摂り方に気を付けましょう。市販の野菜ジュースなどは食物繊維が殆どなかったり、一度熱殺菌している場合はビタミンが壊れたりしていて、野菜不足の補助にならない場合もあるそうです。やはり一番良いのは、毎日、色々な種類の野菜を満遍なく食べること。自分の身体のために意識してみましょう!

毎日の健康管理・健康維持に

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は 「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク 燃やしま専科

アミノ酸 お得な定期コース スポーツドリンク 燃やしま専科 通常販売価格 4,980円(税抜) 10%引き4,482円(税抜) 定期購入 通常購入 スポーツドリンク 燃やしま専科 通常販売価格 4,980円(税抜) 単品購入
Translate »
Scroll To Top