Skip to content

ストレスと生活習慣病の関係とは

「生活習慣病」という言葉をしばしば耳にすると思います。これは厚生労働省の指導によって平成8年から成人病の新しい呼称として取り入れられたものです。

ストレスにもサインがある

自覚されにくい慢性ストレスですが、生活を注意深く観察するとそのサインは色々な形で現れているものです。
感情の起伏が弱くなった、せっかちになった、いつも焦りを感じている、といった精神面の変化で現れることもありますし、お酒や喫煙の量が増えたり食欲不振や過食などの食行動の変化、さらには肩凝りや頭痛、下痢や便秘などの不定愁訴といった体の変調として現れることもあります。
今まで興味を持っていた遊びが面白く感じなくなったり、一つのことに過剰に熱中し、睡眠や食事まで犠牲にするようになるといった趣味の変化にも、慢性ストレスが関係していることがあります。

生活習慣病との関連

「生活習慣病」という言葉をしばしば耳にすると思います。これは厚生労働省の指導によって平成8年から成人病の新しい呼称として取り入れられたものです。
糖尿病などは、食事やし好品、睡眠状態、職場の環境、運動の習慣などを含めた生活スタイルによって発症が左右されることが明らかになっています。
このような生活スタイルは、意識、無意識にかかわらずストレスの存在でずいぶん左右されます。
ストレス関連疾患は、ストレスによる血圧や血管、糖代謝などへの直接の影響に加えて、ストレスによって変化した生活スタイルによって二次的に起こる場合もあるのです。

不快ストレスとは

私たちの生活の中の不快ストレスには、家族や親友の死、けが、時には結婚のような環境の変化による急性ストレスと、夫婦間の不和、時間外労働の連続、リストラの心配など、じわじわと数ヵ月、数年間も続く慢性ストレスの2つがあります。
これら日常生活にある不快ストレスの程度を定量化した試みもあります(アメリカ精神医学会編)。アメリカと日本では文化や民族性の違いがあるので、この尺度が私たちの生活に全面的に当てはまるとはいえませんが、私たちの生活にあるストレスを知る一つの目安になるでしょう。

疲れがなかなか取れない方にオススメ

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。
さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク アップイー

アミノ酸 お得な定期コース アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 10%引き7,560円(税抜) 定期購入 お得な定期コース スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 10%引き6,480円(税抜) 定期購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 単品購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×20袋入り) 通常販売価格 3,200円(税抜) 単品購入 通常購入 スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 単品購入
Translate »
Scroll To Top