Skip to content

寝る前にお酒を飲む「寝酒」、実は睡眠に悪影響も?

寝つきを良くするために、「寝酒」をする方は少なくないそうですが、実は良質な睡眠をとるためには、悪影響を及ぼすこともあるそうです。

寝る前の飲酒が睡眠を妨げる?

一日の終わりにお酒を飲むの方は多いそうです。お酒がいい気分にさせてくれたり、眠りにつきやすいということで飲まれたりするようですね。こんな時、適度な量を楽しむ分には問題ないそうですが、寝酒がクセになっているという人は注意が必要なようです。寝る前の飲酒には、睡眠を妨げてしまう恐れもあるんです。

アルコールに慣れてくると、、、

アルコールには、鎮静効果や睡眠促進効果があると言われているので、アルコールによって眠気が訪れることは確かです。しかし、人間の体はその量に順応するのが早いため、すぐに効かなくなってしまうそうです。

最初はコップ1杯のアルコールで眠れたとしても、継続するうちに1杯では眠気が襲ってこなくなり、2杯3杯と酒量が増えてしまう傾向があるそうです。これがさらに進むと、お酒がないと眠れないという精神状態になり、気づいたらアルコール依存に陥っていたという恐れがあるんだそうです。

適度を守り、毎日の習慣にしないこと!

理想は、浅い眠りと深い眠りが交互に繰り返される睡眠です。深酒をして眠りにつくと、アルコールを分解するため体が活動状態になってしまい、深い眠りが減少してしまいます。浅い眠りが続くと、脳や体をしっかりと休息させられず、朝起きてもダルさや疲れが残った状態になってしまいます。加えて、前夜のお酒が残っていれば余計ですね。こういったことを続けていると、質の良い睡眠が得られず翌朝またダルいという、悪循環に陥ってしまいます。

また、アルコールを飲むとトイレが近くなりますが、これは睡眠中も同じで、尿意によって目が覚める、のどが渇いて起きてしまうといったことなどもあり、余計に眠りは浅くなってしまいます。

寝酒がダメ、というわけではありませんが、適度な量を守り、そしてそれを毎日のクセにしないことが重要です。一日の疲れを癒す意味でも、お酒は決して悪いものではないようなので、上手に付き合いましょう。

疲れがなかなか取れない方にオススメ

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。
さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク アップイー

アミノ酸 お得な定期コース アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 10%引き7,560円(税抜) 定期購入 お得な定期コース スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 10%引き6,480円(税抜) 定期購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×60袋入り) 通常販売価格 8,400円(税抜) 単品購入 通常購入 アップ・イー(500ml用×20袋入り) 通常販売価格 3,200円(税抜) 単品購入 通常購入 スポーツドリンク アップ・イー(大袋420g) 通常販売価格 7,200円(税抜) 単品購入
Translate »
Scroll To Top