Skip to content

体を動かす前に食べて効率良く脂肪を燃焼させる食べ物とは?!

皆さんは1日に何食食べますか!?
食事は体のエネルギーになる大事な行動。運動前に食べる物事で効率よく脂肪燃焼に繋がる食べ物とは?!

脂肪燃焼をあげる食事とは?!

空腹時に運動をしても、エネルギーがないため運動の効果がでません。
運動前にはなにかしら食べ物を摂取することが大切です。
このとき、体脂肪を燃やす食事を選ぶことがポイントです。

特に、グリセミック数値が低い食べ物を摂取することで血糖値を緩やかに上昇させることができます。

例えば、朝のウォーキングをするまえに比較的早くエネルギーとして使われるバナナや、グリセミック数値が低いヨーグルトなどを食べてから行うとよいでしょう。

運動後は「炭水化物:脂質:タンパク質:4:3:3」のようにバランスのとれた食事をすることで、インシュリンの過剰な分泌が抑えられ、脂肪分解を促進させるホルモンが分泌されやすくなります。

バランスのいい食事をとることで、燃焼しやすい体質となり運動をすることによる脂肪燃焼効果が高まることが期待できます

カフェインは脂肪燃焼に繋がる?!

コーヒーにふくまれるカフェインは、脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させる作用があります。
リパーゼは体脂肪をエネルギーにかえて、運動エネルギーとして使われるため、コーヒーでカフェインを摂取することは体脂肪の燃焼を促進させる効果があるとされています。

さらに、カフェインを摂取してしばらくしてから運動をすることで燃焼を促進すると知られています。

飲むタイミングは、運動前に1~2杯ブラックで飲むのがベストです。
ここで、砂糖やミルクをいれてしまうとカロリーだけでなく余分な糖分や脂質をとってしまうため、カフェインの効力を下げてしまいます。

だからと言って、コーヒーをたくさん飲めばいいというわけではありません。
1日3杯程度が目安とされています

では脂肪を増やさないようにするには?!

食事をとることで血糖値が上がります。
血糖値が上がると膵臓からインシュリンが分泌されて、血液中の糖質を細胞内へと取り込もうとします。

インシュリンは食事によって吸収された糖質を優先的に運動エネルギーに使われ、使われなかったものを体脂肪として貯蓄してしまいます。
インシュリンの急激な作用は体脂肪を使うどころかどんどんためてしまうため、体脂肪をふやす原因となってしまいます。

燃焼させるためには、血糖値を緩やかに上昇させて、インシュリンの過剰分泌を防ぐ食事をとることが大切になります。
そこで、血糖値を緩やかに上昇させる食べ物にグリセミック数値が低い食べ物があげられます。

例えば、緑黄色野菜やきのこや海藻、大豆や牛乳などがあります。
これらのほかに、炭水化物だけでなく、脂質やタンパク質や食物繊維と一緒にとることで胃の吸収速度が抑えられ、血糖値をゆるやかに上昇させることができます

L−カルニチン配合

ダイエット中の方にオススメなスポーツドリンクはこれ!

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

Translate »
Scroll To Top