Skip to content

整腸効果や鎮痛・殺菌作用のある健康に良い植物「アロエ」

医者いらずと言われるくらい、「アロエ」は健康に良い植物で、傷や肌荒れの改善など、たくさんの健康効果を持っているんです。

「アロエ」の種類

日本で出回っているのは、アロエベラとキダチアロエというもので、主に食用として用いられるのはアロエベラで、一般的にアロエと呼ばれるものです。大きな葉が特徴で、表面の皮をむいて中の果肉を食べます。キダチアロエは、薬用や鑑賞として用いられるアロエで、アロエベラと比較すると小さめで、苦みが強く食用には向いていないようです。

整腸効果や、鎮痛・殺菌作用のある「アロエ」の成分

アロエベラとキダチアロエ、どちらにも苦みがあり、この苦み成分はアロインと呼ばれる植物フェノール系成分です。主に外皮に多く含まれており、胃腸の働きを活発にする効果があると言われています。ヨーグルトにアロエを入れることが多いのは、アロインによる整腸効果を得るためなんだそうです。

また、植物フェノール系成分には、アロエエモジン、アロエチン、アロエニン、アロエシンなどがあり、それらは鎮痛作用や殺菌抗菌作用が確認されています。傷口にアロエを塗ると症状が緩和するのは、これら成分の働きによるものなんだそうです。また、火傷や日焼けによる皮膚の炎症に効果のある成分が、アロエの葉肉に含まれるムコ多糖類で、免疫効果もあるとされ、皮膚の修復に効果があると言われています。

アロエベラのみに含まれる成分として、サポニンという成分が含まれています。サポニンは抗酸化作用が強く、コレステロールの上昇を緩和する効果を持つ成分なんです。

「アロエ」の効果は他にも様々!

口内炎、歯茎の腫れに

アロエのしぼり汁、もしくは煎じ汁でうがいをすることで、口内炎や口臭予防、また歯茎の腫れの緩和に効果があるそうです。アロエの果肉をゼリー状にして口に含むことでより大きな効果を期待でき、歯の痛みの緩和にも効果があると言われています。

のどの痛みに

アロエをジュースにして飲むことで、のどの痛みがされると言われています。のどを潤すようにゆっくりと飲むことがポイントです。

筋肉痛、関節の痛みに!

アロエの生汁を患部に塗り込みマッサージすることで、筋肉痛や関節の痛みが緩和されると言われています。シップのようにテーピングでアロエの果肉を貼り付けておくことでも効果があるそうです。

体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は「燃やしま専科」

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

Translate »
Scroll To Top