Skip to content

冷え性には「生姜」!その効果的な摂取法とは

「生姜」は、食べると体が温まると言われいますが、食べ方によっては逆効果になってしまうので注意が必要です!

「生姜」の食べ方ひとつで、冷え性効果が台無し!

「生姜」には身体を温める効果があり、冷え性に効果的と言われていますが、実は「生の生姜」では冷え性に対して効果がないんです。生の生姜は体の表面の血管を拡張させ発汗させる効果がありますが、体の深部から表面部に熱を移動させている側面もあるからです。瞬間的に体温を上げる場合には有効といえるので、風邪の引き初めにはオススメですが、血液不順など体の巡りの悪さが原因の冷え性の改善には向いていないんです。

冷え性に効果を発揮させるには、「生姜」を加熱しよう!

冷え性に効果的なのは、「生姜」を加熱しましょう。加熱することにより、生姜のジンゲロールがショウガオールという成分に変化します。このショウガオールは、血流を高め、体の中から温める働きを持っています。

ただし、加熱する際には、生姜の健康効果を維持するために、80~100℃でしっかりと加熱しましょう。また、蒸すことでの加熱が最も効果的と言われています。

「乾燥生姜」が最も効果的!

ジンゲロールは加熱することで、ショウガオールに変化しますが、乾燥による加熱の場合、ジンゲロールからショウガオールに変化するのは一部分だけで、乾燥生姜にはその両方の成分が含まれていることになります。ジンゲロールとショウガオールの両方の成分が体の中心も手足の先も温めることができます。冷え性を改善するなら、断然、乾燥生姜が効果的です。

乾燥させた生姜は、生より風味が落ちるため薬味には向きませんが、調理をするなら生も乾燥も風味は変わりません。しょうが焼き、生姜入りスープ、生姜紅茶など、普段と同じように乾燥生姜を使用できます。また、紅茶やミルク、味噌汁やうどんなどに入れるのが取り入れやすく、特に紅茶やミルクには、はちみつと乾燥ショウガを入れるのがお手軽で美味しいです。このように乾燥生姜を上手に取り入れて、冷え性を克服しましょう。

毎日の健康管理・健康維持に

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

Translate »
Scroll To Top