Skip to content

真っ暗だと眠れない?寝室の明るさと睡眠の関係とは

寝る時に、真っ暗じゃないと眠れない人と、真っ暗だと眠れないという人がいますよね。これった一体なにが原因なんでしょう?

寝室の明るさと睡眠の関係

寝室に厚手のカーテンを使用している方も多いと思います。寝室に朝日が入らないと、普段は不眠ぎみの人でも朝までぐっすり眠れることが多く、逆に、カーテンがないと、早朝に覚醒してしまいます。

実際、日照と覚醒時刻との間には関係がみられるそうで、日の出が早い夏には人々は一年の中で最も早起きになるそうです。必ずしも朝日が顔に当たり、まぶしさで目が覚めるのではなく、直射日光を浴びずとも、部屋の照度が徐々に高くなるだけで自然に目が覚めやすくなるんだそうです。

日の出の光で、朝は覚醒しやすくなる!

睡眠で目を閉じていても、まぶたを通じてごく弱いながら一定の光量が網膜に到達しています。日の出の光であれば、かなりの光量になりますので、これが脳を刺激し、覚醒しやすくなります。しかも、起床時刻にいきなり強烈な強い光を浴びるのではなく、徐々に強まる自然な日の出の明るさの方が目覚め効果が強く、しかも覚醒感が良いそうです。

寝る際は、光の刺激がないようにしましょう!

寝室の明るさは想像以上に睡眠に影響します。一晩中寝室の照明をつけておいた方が眠りやすいという人もいますが、実際はしっかり暗くして寝る方が眠りの質はよくなります。実際、照明をつけたまま寝る方でも、睡眠中でも毛布を頭から被るなどの光を遮る行動がみられるそうです。照明をつけた方が寝やすいと思っても、それは寝つくまでの間のことで、睡眠に入ってしまえば、脳は光刺激を嫌がっているのは間違いないようです。照明をつけて眠りたい方は、タイマーなどを利用し、一定時間で自動消灯するように工夫するとよいでしょう。

疲れがなかなか取れない方にオススメ

スポーツドリンクならこれ!

体内のエネルギー産生システムであるクエン酸回路のカギを握る成分であるクエン酸を、従来の「クエン酸アミノ酸」より成分含有量を大幅UPしたのがアップ・イーです。
さらに運動時にエネルギーの源になるアミノ酸『BCAA』もその配合量を6mgから433.86mgに大幅UPしました。
BCAAを運動直前に摂取することにより筋肉中で分解され、血中と筋肉中のBCAA濃度が上昇し、筋肉から遊離する必須アミノ酸量を減少させ、筋タンパク質の分解を抑制します。
さらに運動時はBCAAの分解が早まるので、十分なBCAAの摂取は疲労の予防と回復に効果的であると考えられています。
また中枢性疲労のメカニズムとして、脳内におけるトリプトファンのセロトニン生成によるものがあると考えられています。これは血中から脳内にトリプトファンが輸送されることが一因です。
血中のBCAA濃度の低下を抑えることで、脳内へのトリプトファンの取り込みが減少し、中枢性疲労を軽減させます。
アップ・イーは、ハードなトレーニングやスポーツをする方はもちろんのこと、疲れがなかなか取れない方、集中力を高めたい方にもオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

Translate »
Scroll To Top