Skip to content

夜中に食べても安心!「太りにくい食事」は?

仕事や遊びで遅くなってしまう日ってどうしてもありますよね?!どうしてもお腹減って仕方ない。でも太りたくないって方はぜひ試してみてください。

夜中に食べると太るのはなぜ?

夜中に食べると太る。
昔からよくいわれています。
それにはこんな理由が!

人間の体は、一日24時間のうち、次のようなサイクルを刻んでいます。

●朝の4時から11時まで
体内の毒出しをする時間

●昼12時から20時まで
もっとも「消化分泌液」が出る消化時間

●夜20時から朝4時まで
午後に消化したものの栄養を吸収する時間

このうち、夜20時からは、栄養が全身にまわり、新陳代謝を活発にして、肌の再生、筋肉の再生、明日の老廃物を排泄する準備をする忙しい時間です。

そのため、この時間に食べ物を入れてしまうと、消化に回らず未消化のまま吸収されてしまいます。

夜は寝るだけですから、栄養素は消化エネルギーに使われず、48時間後に体脂肪に蓄えられてしまうのです。

ただ、この48時間の間にしっかりと胃腸を休めたり、食事を軽く済ませたりすれば、調整はできます

夜中でも太りにくい食べ方のコツとは

では、実生活において、どうすれば夜中に食べても太らずいられるのか?
「食べ物選びも重要ですが、本当に大事なのは「夜中に食べると太る」という暗示をかけないことです。

ポイントは、「今日は仕事も残業したし、ご褒美として食べよう」と思って楽しんで食べること。
心配しながら食べると、脳が不快に感じてしまい、ストレスに対抗するためにホルモンの一種のコルチゾールを分泌します。」

「このホルモンは血管を緊張させ収縮する作用があるため、より血流が悪くなってしまうのです。
しかし、楽しみながら、自分を慈しんで食べると、脳が快感を感じ、幸福ホルモンを分泌します。
このホルモンは代謝を高め、血流を良くするため、消化エネルギーに変わり、太りづらくなります」

夜中に食べても太りにくい食事って?

・海苔
「おにぎりなど海苔を巻いているものはおすすめです。
海苔には炭水化物をエネルギーに変えやすくするヨウ素などが多く、基礎代謝を高める作用があるからです。」

●十割蕎麦
「蕎麦は、一般的に、そば粉100%ではなく、小麦粉をつなぎとして40%ほど使っているものが多いです。
それと比べ、そば粉100%の十割蕎麦は炭水化物が含まれないため、体脂肪になりにくいメリットがあります。
蕎麦は満腹感も得られるのでおすすめです。

付け合わせに海苔やわかめ、とろろ、梅やネギなどをのせると疲労回復効果も。夜中に食べても、朝から胃がもたれることが少なくなるでしょう。

L−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンク

ダイエット中の方にオススメなスポーツドリンクはこれ!

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

Translate »
Scroll To Top