Skip to content

畑の肉と言われる大豆の栄養がぎっしり!今や世界で食されている「豆腐」

“畑の肉”と呼ばれる大豆から作られる「豆腐」は、大豆の栄養素をそのまま引き継ぎながら、水分含有が高いためやわらかく消化吸収に優れた食品です。今や健康長寿の美容食として世界中で食されています。

タンパク質やミネラルが豊富に摂れる「豆腐」

「豆腐」は大豆を原料とするため、大豆由来のタンパク質が豊富に含まれています。100gあたりのタンパク質量は、木綿豆腐で約6.6g、絹ごし豆腐では4.9gになるので、副菜でタンパク質を補う観点から考えれば、十分な含有量と言えます。

ミネラルも含まれていますが、豆腐の種類によって、含まれる量には多少の差があります。水分を絞って作られる木綿豆腐には、タンパク質や鉄分、カルシウムが比較的多めに含まれています。一方で、水分と一緒に流れ出てしまう栄養もあります。絹ごし豆腐は水分を絞らない分、ビタミンB群やカリウム、マグネシウムが流れていかないため、木綿に比べて多めに含まれる。

「豆腐」のカロリーは種類によって違う。

「豆腐」のカロリーは、種類によって差があり、ここでは、100gあたりの大まかなカロリーは、木綿豆腐で72kcal、絹ごし豆腐で56kcalほどになります。ちなみに、1丁は約300gになるので、1丁あたりだと、木綿豆腐216kcal、絹ごし豆腐168kcalになります。

たとえば、冷奴として食べる場合、薬味やたれの選び方次第では、カロリーが高くなる可能性もあるので、カロリーが気になる方は豆腐や薬味等をよく考えた方が良いですね。

「豆腐」は糖質が少ない!

豆腐の100gあたりの大まかな糖質量(炭水化物量―食物繊維量)は、綿豆腐1.2g、絹ごし豆腐1.7gである。いずれも、同じ量の一般的な野菜よりも低い値を示している。したがって、豆腐は低糖質の食材だといってよいだろう。

これからダイエットをしようとしている方にお勧め

ダイエット中の方にオススメなスポーツドリンクはこれ!

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

Translate »
Scroll To Top