Skip to content

大人気スーパーフードの種類と効果

ここ数年で一気に知名度が増した『スーパーフード』そもそもスーパーフードとはどんなものを言うのでしょうか?

世界で話題のスーパーフード、どれだけ知っていますか?

近年話題の「スーパーフード」。その名前は聞いたことがあっても、具体的にどのような食品があるのか、そしてどのような効果が期待されるのかは詳しくないという人が多いのではないでしょうか? 今回は、誰でも手軽に取り入れられるスーパーフードについてご紹介します。

まずスーパーフードとは?

そもそも、「スーパーフード」とはどのようなものを指すのでしょうか? 一般社団法人 日本スーパーフード協会は、スーパーフードの条件を以下のように挙げています。


定義:栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。

基準:スーパーフードの発祥の地アメリカで、一般的に「スーパーフード」として認知・評価されている食品であること。「食歴」が長く、何世紀にもわたって人々の健康に寄与してきた食品であること。それにより、人体に及ぼす可能性がある、あらゆる問題が解明されており、その安全性に不安をもって食することがなく信頼がおけるもの。

つまりは、他よりも栄養が多く含まれている食品のことを「スーパーフード」と呼ぶのですね。そうはいっても、具体的なイメージは湧かないというのが本音。それでは、実際にスーパーフードとされている食品をいくつかご紹介致します。

・アサイー:抗酸化作用のあるアントシアニンが豊富で、鉄分、食物繊維、カルシウム、ビタミンEも多い。
・ウコン:クルクミン(色素成分)によって肝臓の働きが良くなる。
・アーモンド:ビタミンEが豊富で、アンチエイジングの効果が期待される。
・アセロラ:レモン果汁の約34倍ものビタミンCを含む。
・ザクロ:種子に含まれるエストロンが、更年期障害や肌トラブルに効果的とされる。

こうして見てみると、スーパーフードは身近な食材にも多くあることがわかります。ちなみに「スーパーフード」という言葉そのものは、1980年代頃にアメリカやカナダで専門家が使い始めたのが起源だとされています

長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです

ダイエット中の方にオススメなスポーツドリンクはこれ!

ダウン・エフは健康の基本であるクエン酸と脂肪燃焼アミノ酸(リジン・プロリン・アラニン・アルギニン)、さらに脂肪燃焼アミノ酸の効果をバックアップするビタミンB群・クロム、脂肪を素早く燃やすために必要不可欠なL−カルニチンがバランスよく配合されたスポーツドリンクです。

体は、脂肪や糖分を細胞内の「炉」ともいえる「ミトコンドリア」で燃焼させてエネルギーになります。
脂肪は、そのままではミトコンドリア内膜を通過することができず、ミトコンドリア内膜まで脂肪を運ぶ役割をする成分が「L-カルニチン」なのです。
カルニチンが足りない状態では、脂肪がミトコンドリア内膜に入ることができないので体内に蓄積されてしまいます。カルニチンは体内でも合成されますが、その合成量は20代がピークと言われており、不足分を補うと効果的です。

またエネルギーの産生を阻害し、疲労の元にもなるといわれているアンモニアを分解してくれるのが「オルニチンサイクル」です。
オルニチンが増加すると、オルニチンサイクルは活発化して、アンモニアの分解を促進します。

ダウン・エフはこれからダイエットをしようとしている方、さらに今ダイエット中という方にお勧めします。
また有酸素運動を長時間行いたい、マラソンやランニングのトレーニングを行う方にも効率的に長時間脂肪を燃焼することが出来るのでオススメです。
ご購入の際には通常購入と、お得な定期購入がございます。
(定期購入がよりお得なお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントを差し上げています。
ご利用の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

Translate »
Scroll To Top