Skip to content

サプリメントの定義とは?

サプリメントは各社メーカーからいろいろな種類が数多く販売されています。サプリメントは役割や目的によって大きく3種類に分類されます。

はじめに

今ではスポーツクラブに通う方も増えていますね。
運動をする方も増えて、24時間営業のジムも出来ています。
そこに欠かせないのが「サプリメント」ですね。
しかし、サプリメントにもいろんな種類があります。
飲むタイミングもあったりするのもあって、サプリメント選びも大変ですね。
今回はそんなサプリメントについて少しですが紹介したいと思います。

サプリメントとは

サプリメント(supplement)の語源は、「補足」「追加」などという意味があります。
「あくまでメインは食事。それで足りない部分を補う」というのがサプリメントの立ち位置になります。

アメリカではDietary Supplementを「従来の食品・医薬品とは異なるカテゴリーの食品で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を含み、通常の食品と紛らわしくない形状(錠剤やカプセルなど)のもの」と定義しています。

種類

サプリメントは各社メーカーからいろいろな種類が数多く販売されています。サプリメントは役割や目的によって大きく3種類に分類されます。

◆ベースサプリメント

 ベースサプリメントは、体に必要なビタミンやミネラル、アミノ酸、食物繊維、DHAやEPAなどを補います。ビタミンはビタミンB1やビタミンB2、ミネラルは鉄や亜鉛など単体で販売されるものや、ビタミンを全て含んでいるマルチビタミンという形で販売されることもあります。

◆ヘルスサプリメント

 ヘルスサプリメントは、健康維持や美容などのために利用するイソフラボン、ローヤルゼリー、プロポリス、セサミン、カテキンなどがあります。

◆オプショナルサプリメント

 オプショナルサプリメントは、ウコン、マカ、ブルーベリー、グルコサミンなどは体調の回復のために利用されます

目的

サプリメントの利用目的は健康の維持・増進や病気の予防、食事で不足している栄養素の補給や強化、疲労回復、美容やダイエットなど性別や年齢により目的は様々です。さらに約5%は医薬品ではないですが、病気の治療目的に使用しています。

最後に

サプリメントは、特別な記載がない限り、いつどのように飲用しても構いません。水やぬるま湯で飲むことがおすすめです。食後に一日の目安量を分けて飲む、朝食後に飲む、というようにご自分でタイミングを決めておくと飲み忘れを防ぐことができます。
満足いく結果が得られなかったからとすぐに飲用をやめてしまうのはもったいないこと。「変化が見られない」という方は一週間や二週間でやめてしまう方が多いようです。
満足を得るためにも、まずは3カ月を目標に地道に続けていきましょう。

毎日の健康管理・健康維持に

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク 燃やしま専科

アミノ酸 お得な定期コース スポーツドリンク 燃やしま専科 通常販売価格 5,130円(税抜) 10%引き4,617円(税抜) 定期購入 通常購入 スポーツドリンク 燃やしま専科 通常販売価格 5,130円(税抜) 単品購入

Translate »
Scroll To Top