Skip to content

暑くなってくると恋しくなる!「アイスクリーム」と「ソフトクリーム」の違いは

夏も近づき、冷たいアイスやソフトクリームが恋しい季節になってきました。ところで「アイスクリーム」と「ソフトクリーム」の違いって知ってます?

「アイスクリーム」とは

一般に「アイスクリーム」と呼んでいるアイスクリーム類は、アイスクリーム・アイスミルク・ラクトアイスに分類されます。この分類は乳固形分や乳脂肪分の割合によるものですが、アイスクリームはこの3種類の中で乳固形分と乳脂肪分が最も多く含まれ、濃厚な印象で栄養分を多く含んでいます。

ちなみに、アイスミルクは乳固形分と乳脂肪分がアイスクリームよりは少なく、栄養分は牛乳と同じくらいで、ラクトアイスはさらに乳固形分と乳脂肪分が少なく、あっさりとしています。

「ソフトクリーム」とは

「ソフトクリーム」は成分や栄養分で分類される種類のことではなく、違いはその保管温度だけだそうです。このため、ソフトクリームはアイスクリーム類の分類に入りません。

アイスクリームは作られてから-30度という低温で固め、その後-25度から-30度に保ちますが、ソフトクリームにはこの工程がないそうで、フトクリームの保管温度は-5度から-7度と定められています。定義としては、そのことだけがアイスクリームとソフトクリームの違いだそうです。成分的にはアイスクリームと同じ「ソフトクリーム」ですが、低温で固める工程があるかないかで口当たりと風味はかなり違います。

アイスクリームと同じようにソフトクリームも乳固形分と乳脂肪分により分類でき、アイスクリームのソフトクリーム・アイスミルクのソフトクリーム・ラクトアイスのソフトクリームに分けることができます。

アイスやソフトの「コーン」の原料は、、、トウモロコシじゃない!

ところでソフトクリームやアイスクリームの食べれる持ち手である「コーンカップ」ですが、名前に引きずられてトウモロコシが原料だと勘違いしている人って結構いるそうです。

コーンの綴りは「cone」で「円すい」という意味で、トウモロコシ(corn)とは別物です。主原料は小麦粉で、ギリシャ神話でゼウスに授乳したヤギの角、「コルヌ・コピア」に由来するといわれています。

サクサク軽い歯ざわりとクリスピーな食感はが、アイスクリームやソフトクリームの美味しさを引き立ててくれます。コーンか紙のカップか、選ぶとしたらコーン派が多いんじゃないでしょうか。あなたはどっちを選びますか?

毎日の健康管理・健康維持に

さっぱりレモン味『燃やしま専科』

燃やしま専科は、飲むと実感できる栄養分にこだわっているスポーツドリンクです。

マリンコラーゲン使用によりコラーゲン特有のにおいをカットすることで、美味しくコラーゲンの摂取ができます。
またコラーゲンだけでなく、クエン酸・ヒアルロン酸・グルコサミン・オルニチン・ビタミンCなども効率的に配合されたクエン酸粉末スポーツ飲料です。
カロリーは100mlあたり7.36kcalしかなく、糖質も0.024gしか含まれていませんので、ダイエット中の方にもオススメ。

運動中の水分補給としてお召し上がりいただけるよう、さっぱりとしたレモン味で運動時余計に喉が乾いてしまう、ということもありません。
冷たく冷やし、さらに炭酸と割れば美味しいレモンスカッシュ、温めて飲めばホットレモンとしても美味しく飲むことが出来ます。

作り方も簡単で、サラサラの粉末を水に溶かすだけでどなたでも簡単に、いつもと同じ味で作ることが出来ます。
また用途に応じて量を調節することで、簡単に濃度の調節ができます。

毎日の健康管理・健康維持に、お子様からお年寄りまで安心して飲んでいただけるスポーツドリンクです。

~今回ご紹介した商品~
体力アップ、ダイエット効果、美肌効果も取りたい方は
「燃やしま専科」

お買い求めの際、通常購入と定期購入とがございます。
(定期購入のほうがよりお得くなお値段となっております。)
また定期購入された方には、購入回数に応じて、特典として素敵なプレゼントしています。

ご購入の際はぜひ、お得な定期購入をご利用ください。

スポーツドリンク 燃やしま専科

アミノ酸 お得な定期コース スポーツドリンク 燃やしま専科 通常販売価格 5,130円(税抜) 10%引き4,617円(税抜) 定期購入 通常購入 スポーツドリンク 燃やしま専科 通常販売価格 5,130円(税抜) 単品購入

Translate »
Scroll To Top